バンドルカードへチャージしてAmazonギフト券買取で現金化

バンドルカードを現金化するメリット

現金化したい時は、バンドルカードというサービスがおすすめです。わざわざ審査を受けなくても、比較的手軽に現金化できるのです。
現金が必要な時は、クレジットカード現金化やキャッシングという手段もあります。

担保のない状態から金策する方法

しかし前者の方法は、もちろんクレジットカードが必要です。それと後者のキャッシングは、審査を受ける必要があります。信用情報も気になりますし、二の足を踏んでしまう事もあるでしょう。
しかし上述のバンドルカードを活用すると、手持ちの携帯電話を利用すれば、比較的手軽に現金を入手できるのです。

Amazonギフト券買取を活用する

ただしAmazonギフト券買取というサービスも利用する必要はあります。
最近ではAmazonで買い物する方々も多いですが、Amazon専用のギフト券もあるのです。Amazonのみで使用可能な券ですが、それをAmazonギフト券買取業者に買い取ってもらう訳です。もちろん買い取ってもらえば、現金が入ってきます。
なぜバンドルカードを利用するかと言うと、様々な規制があるからです。現在は携帯電話に関する様々な規制があるので、あえてそのカードを使用して、ギフト券を購入する訳です。クレジットカードなどを準備する必要もありませんし、キャッシングのような審査もありません。

バンドルカードとは

そもそもバンドルカードはどういうサービスかと言うと、クレジットカードとは異なります。クレジットカードのように立て替え払いが行われるのではなく、チャージする事になります。
ある意味電子マネーに似ています。自動改札機を通過する時に、センサーにカードをタッチしている方をよく見かけるでしょう。電子マネーにチャージされている金額が、自動的に引き落としされている訳です。
バンドルカードも、チャージする必要があります。チャージすればカードの口座残高が増えるのですが、それで色々な商品も購入できる状態になるのです。
ちなみにバンドルカードは、携帯決済とは異なります。携帯による決済の場合は、ネットショッピングなどの支払いに限定されるからです。実店舗の商品は、携帯決済では購入できません。
しかしバンドルカードなら、商品の購入も可能です。

バンドルカードを現金化する方法

上述のAmazonギフト券も例外ではありません。ですから現金化したい時は、まずそのカードでギフト券を買います。そして買ったギフト券を、Amazonギフト券買取業者に買い取ってもらう訳です。つまり電子マネーのようなバンドルカードでギフト券を購入し、Amazonギフト券買取というサービスを活用して、現金化する事になります。

バンドルカードにチャージする手順

まずチャージをする必要があります。その手順は下記の通りです。

1.バンドルカードにログイン

まずバンドルカードにログインをします。そしてカードにチャージする訳ですが、それには複数の方法があります。その1つであるポチっとチャージをタップします。
するとバンドルカードのアプリの画面に、そのチャージ方法に関する説明が表示されます。内容を理解して、次へという箇所をタップします。

2.申し込み

 

そしてチャージの申し込みをする訳ですが、画面には申し込み金額も表示されます。
バンドルカードには上限額があって、1回のチャージ金額は3万円以内であり、1ヶ月12万円です。1ヶ月に13万円などをチャージする事はできませんから、注意が必要です。
金額を入力したら、今度はメールアドレスや携帯番号などの情報も入力します。そして次へという箇所をタップすると、SMSの認証が必要です。携帯電話に、バンドルカードから認証番号を送信してもらうのです。その番号を入力して、チャージ金額も入力しますと、カードにチャージされます。

Amazonギフト券を購入する時の注意点

バンドルカードのチャージが完了したら、今度はAmazonにてギフト券を購入しますが、注意すべき点もあります。

バンドルカードの手数料について

注意点は2つあって、1つ目は手数料です。チャージをする際には、バンドルカードの手数料を支払う必要があります。その具体的な料金は、チャージ金額次第です。
チャージ金額が5,000円以下の場合は、1回300円の手数料を払う事になるのです。そして6,000円以上なら、金額に対する6%の手数料を支払います。その為1万円チャージするなら、600円支払う訳です。ちなみに携帯決済でチャージした時は、携帯会社から請求がきます。上述のチャージ額と手数料の合計額が、請求される訳です。

1円決済について

それと1円決済も、意外と要注意です。Amazonギフト券を購入する時に、1円だけ支払う事になります。1円だけマイナスされた分が、バンドルカードの残高になるのです。
ですから例えば、カードに2万円チャージしたとします。そしてギフト券を購入しますと1円差し引かれますから、残高は19,999円になるのです。2万円ちょうどではないので、注意が必要です。

携帯決済では直接ギフト券を購入できないのでチャージする

なぜ上述のようにバンドルカードを利用するかと言うと、携帯決済に関する規制があるからです。
実は以前は、わざわざバンドルカードを使用しなくても、携帯電話だけで現金化できました。Amazonギフト券買取業者を利用して現金化したいなら、もちろんギフト券は購入する必要があります。従来は、携帯だけでAmazon券の購入は可能だったのですが、色々な事情があってできなくなりました。
しかしバンドルカードというサービスは、その限りではありません。そのカードでAmazonギフト券を購入する分には、何も問題無いのです。
要するに、バンドルカードという手順が増えた事になります。Amazonギフト券買取で現金化する為には、従来は「携帯決済でAmazonギフト券を購入」と「買取で現金化」という2段階になっていました。

しかし様々な理由により、携帯決済では券を直接購入できなくなったので、「カードにチャージ」と「ギフト券購入」と「券の現金化」という3段階になった訳です。

Amazonギフト券買取業者はよく選ぶ方が良い

いずれにしてもチャージが完了したら、Amazonギフト券買取業者で手続きを進める事にはなります。そのAmazonギフト券買取業者選びも、意外と大切です。
Amazonギフト券買取の業者も、色々あります。各業者はサービス内容は異なりますから、よく比べると良いでしょう。
例えば、早さに関する違いがあります。業者によっては最短10分で買い取り手続きが完了しますが、30分ほどかかる業者もあるのです。
それと買取率です。買取率の数字が高いほど、買い取り額も高くなります。買取率が88%の業者もあれば、80%の業者もあるのです。この8%の差は、軽視できません。バンドルカードにチャージするのは良いですが、8%分は差し引かれてしまいます。2万円チャージして88%の業者に売れば、買取額は17,600円です。しかし80%の業者なら、もちろん16,000円になります。1,600円の差になる訳ですから、業者は慎重に選ぶ方が良いでしょう。
以上のような手続きを踏んで、現金化する必要はあります。最初は少々複雑だと感じることもありますが、慣れれば意外とスムーズに現金化できますので、携帯電話を使って現金を確保したい時は、バンドルカードを活用してみると良いでしょう。