買取ワールドについて

当サイトでは実際に利用してみて良かったクレジットカード現金化やAmazonギフト券買取のサイトを掲載していますので、絶対に失敗したくない方や、どこよりもお得に換金したい方、とにかく急いでいてすぐに早く振り込んでくれるところを探している方にご参考にできるサイトとなっています。
また利用した方の口コミも書いてありますので詳しく調べて利用されたい方にも最適です。 そして、為になるクレジットカード現金化についての情報や、お金にまつわること、生活に活用できるコラムも書いておりますので是非ご覧ください。

クレジットカード現金化サイトについて

クレジットカード現金化サイトでは、カードのショッピング枠を即座に現金にしてくれます。審査がありませんので、キャッシングができない方や、身バレしたくない方は是非活用したいところです。

メリットについて

無審査以外にクレジットカード現金化は様々なメリットがあります。
クレジットカード現金化サイトではネットですべて手続きができるので手間が掛かりません。
また、安全対策を行われているのでカード会社に発覚して利用停止になることも防げます。
ただし、業者によって換金率が違うので当サイトでよく比較してご利用ください。

おすすめのクレジットカード現金化サイト

換金クレジット

換金クレジット

換金率 91%~98%
入金スピード 最短5分

換金クレジットの特徴

換金クレジットは乗り換えのお客様が急上昇中のサイトです。その理由は高換金率であり、現在新型コロナ生活応援中の為、最低換金率が88%保証となっているからです。
また30万円以上では90%保証となっています。通常の換金率は最大値のなっておりますので、最低保証があって安心できると思います。

サイト詳細ページはこちら

換金堂

換金堂

換金率 90%~96%
入金スピード 最短5分

換金堂の特徴

換金堂は創業13年の実績のあるクレジットカード現金化業者です。今までカードトラブルはないようです。
対応できるクレジットカードはJCB、ダイナース等5大国際ブランドに加えて、バンドルカードやauPAYのプリペイドカードにも対応しております。

サイト詳細ページはこちら

初めての方へ

クレジットカード現金化を全く使ったことが無い方からすれば、巷にある金融屋だと思うかもしれません。確かにお金を借入できるサービスではありますが、金融業とは全く違いますので、これからクレジットカード現金化をお考えの方や、何か良い金策方法を模索されている方の為に、クレジットカード現金化についてご説明させていただきます。

クレジットカード現金化の仕組みを把握しよう

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、金融庁では危険行為として認定されており、またクレジットカード会社では違反行為と規約に書かれている為、慎重に行わなければなりません。
その為、失敗をしないように事前に仕組みをきちんと把握する必要があります。そのクレジットカード現金化の仕組みは、簡単に説明するとカードで商品を購入し、業者に買い取ってもらい現金を入手する方法です。
この為、自分自身でもできますが、手間やカード停止のリスクがありますので現金化業者を利用するのです。

なぜクレジットカード現金化が現金調達になるのか

クレジットカードの支払い日は翌月、または翌々月です。
その為クレジットカードを現金化するとこの期間自由に現金を使用できますので、借金や生活費に使用することができます。

分割も可能

使用するのはクレジットカードですので、支払いは同じです。現金化業者によっては分割、リボ、ボーナス場合が可能です。 また対応できない会社でも、クレジットカードは支払い日直前までリボ払いに変更可能ですので、消費者金融の様に長期借り入れも可能なのです。

費用について

ただし、受け取れる現金の金額は使用するショッピング枠の分をそのまま受け取れるわけでなく、換金率が90%だとすれば10万円使えば単純計算では9万円になり1万円分は費用となります。
このため、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングよりも金利が高くなるデメリットがあります。

主流はキャッシュバック方式

クレジットカード現金化業者の多くはキャッシュバック方式を採用する傾向があります。キャッシュバック方式とは、業者が販売するキャッシュバック付きの商品を購入すれば特典として現金を得ることができます。購入する商品はパワーストーン等価値のないものです。商品を買い取る流れではないので現金化のスピードが速くなります。

換金率が高い

クレジットカード現金化業者が決済代行会社を使って一定の手数料を支払いしている為、利用者が購入する商品によって換金率や金額が変わることはありません。
また、現金化業者によっては利用する決済ブランドによって換金率が変動する料金設定にしているところもありますが、ほぼ一定となっています。

アマゾンギフト券買取の利用の流れとは?

現金化サイトの利用方法について説明します。業者によって多少変わりますが、一般的に下記のような流れとなっています。


ホームページからのお申し込み

まずは業者の公式サイトにアクセスします。
専用のお申し込みフォームがサイト上ありますので、必要事項を入力して送信します。

受付

担当者から連絡があり、
●申込内容
●商品(クレジットカード現金化)の説明
●振込金額
の確認があります。
気になるのは振込金額だと思いますが、利用金額やクレジットカードの種類なのに応じて査定してくれます。
また、商品説明でクレジットカード現金化が融資でない点を理解しないと契約できないのでご注意ください。
納得いけば次へのステップに進みます

必要書類の提出

ステップ2の申込内容の確認では本人確認がありましたが、虚偽がないか証明するために身分証明書が必要となります。
運転免許証や健康保険証などで大丈夫です。写メやFAXで送ってください。

商品の購入

本人確認後ご連絡があり、クレジットカードで指定された商品をネットショッピングします。これで手続きは完了します。

ご入金

一般的に現金化業者が提携するショッピングサイトを使いますので、購入が完了したらすぐに送金されます。

店舗型のクレジットカード現金化業者も存在する

クレジットカード現金化は30年も前からある商売です。人通りが多い通りの目立つ場所に「カードでお金。最大換金率95%」など看板を見た経験のある方もいらっしゃると思います。 この看板のお店は来店して店舗内でクレジットカード現金化を行うサービスで、インターネットが使えなくて困っている方や実際に顔を合わせて依頼したい方でも利用できるようになっています。

店舗型の仕組み

クレジットカード現金化の流れは変わりません。
違う点は購入する場所と、直接現金が手にできる点です。カードで指定された商品を購入して、金券ショップの様に買い取ってくれる流れです。中には金券ショップでも行っているサービスです。オンラインサイトの様に詳しく購入商品を教えてくれますので、考える手間はありません。

購入場所について

購入場所は主に3つです。
●指定される場所 ●現金化業者の店舗 ●提携する店舗

指定する場所の場合

昔から多いのがJRみどりの窓口で新幹線の回数券を購入して、業者で買い取ってもらうパターンです。
ただしカード停止のリスクが高い為、最近換金率の高い家電などをお近くの量販店で購入するパターンもあります。

現金化業者の店舗の場合

お店にあるクレジットカード決済端末で、普段買い物するようにカードを決済します。
ただしこの方法は違法性が高く、実際に逮捕者も出ている為、最近はAmazonギフト券等をその場で購入するような店舗が多くなっています。

提携するお店

こちらは提携するお近くのお店でブランド品やゴルフ用品などを購入して、再度現金化店で買い取ってもらうパターンです。

店舗型の注意点

大阪のカード現金化ショップなどはスポーツ新聞広告などに換金率99%と高く表示されていますが、店舗を運営するために費用がかかるため、常識的にあり得ない数値です。もちろん誇大広告の為ご注意ください。

クレジットカード現金化サイトの注意点

換金率が低いと大きく損をする

換金率は各業者によって変動し、90%のところもあれば70%以下のところもあるのです。換金率が20%違うと10万円使うと2万円も変わってくるため、重要視する箇所です。

換金率表通りに入金されない

クレジットカード現金化サイトは金券ショップやAmazonギフト券買取サイトとは異なり、換金率は実際に公式サイト上に記載されていても必ずしも正しいとは言えません。
クレジットカード現金化業者は換金率を上げて利用を促進するように考える傾向があり、何も知らない状況では95%とあれば100万円利用すると受け取れる金額は95万円で5万円が手数料になると考えがちです。
しかし5%では経費を考えると業者の儲けにならないため絶対にあり得ない数値です。

換金率の表記の仕方

換金率は最大値を表記してあったり、そこから決済手数料などが差し引かれる為入金金額が異なる場合が高いです。換金率が95%など高く表記されていますが、「最大」という言葉があれば65%など低くなっても法律違反にはなりません。この差額は消費税や決済などで発生する費用として手数料という名目になり、不透明な手数料です。換金率をこのように高く表記する要因は予備知識がない利用者を誘うための「釣り」です。
罠にハマってしまわないように優良店でも85%程度、相場は80%だと考えてください。

業者を使って失敗しない為に

その為自分で入金金額を計算して、よく確認せずに契約しないでください。クレジットカード現金化業者ではAmazonギフト券買取サイトとは異なり、お電話での料金説明が行われますので入金金額を必ず聞いて下さい。
しかし、中に電話での説明がない業者も存在します。利用規約などに手数料を記載して、換金率表とは違う金額を入金する悪徳業者も存在するのです。
その為、メールのみのやり取りはしないことです。案内通りに手続きすると入金金額が違う結果となり、後でクレームを言っても聞いてくれず泣き寝入りをするしかなくなります。

返金もしづらい

あまりにも違う金額で入金された場合は国民生活センターへご相談ください。
しかし、カード会社に現金化したことが発覚してしまいますので、確約は覚悟するしかありません。その為安易に即決をせず各サイトを良く比較してご利用ください。

個人で現金化する方法について

クレジットカード現金化業者に依頼すると悪徳業者に当たる可能性がありますので、いっその事自分自身で現金化したい方もいらっしゃることでしょう。そこで個人で現金化する方法も紹介したいと思います。

現金化するまでの流れ

まずはクレジットカードで商品を購入します。商品は現金化に必要な値段のものを選びます。
そして、金券ショップや買取ショップに売って換金します。お近くにお店があれば1時間ほどで完了することでしょう。

購入する商品について

しかし問題は購入する商品にあります。クレジットカードで購入でき、換金率の高いものを選ぶ必要があります。

一般的に使われる商品

・新幹線の回数券
・商品券
・ゲーム機器
・ブランド品
・ブランド品 等です。

しかし個人で現金化する方が少ない理由が安定した換金率の商品がない部分があります。
新幹線の回数券は換金率95%と定番でしたが、最近は80%中盤、一時期はコロナウィルスの影響で70%台まで下がっていました。
また商品券では定番のAmazonギフト券も安定性が低く、70%台まで下がっています。
特にゲーム機やブランド品はさらに換金率の変動が激しくなっています。

カード停止になりやすい

他にもデメリットがあります。カード会社では高額の商品を購入すると、現金化目的ではないか疑ってきます。カード会社は利用履歴などで購買傾向を分析していますので、不自然な取引があればチェックして調査される場合があります。
例えば普段高額利用しない方が高額のブランド品を購入したりすると調査が入ります。
また、新幹線の回数券などの金券は高確率で停止となります。そもそも換金率の高い金券類がクレジットカードで購入できない理由が換金目的を防ぐ為だからです。

利用停止になるとどうなるの?

利用停止になるとカード会社から連絡が来ます。その時にうまくごまかすことができれば解除されます。
また、電話を取らないと最悪強制解約となりますので、必ず電話に出てください。
しかし疑いはかけられたままですので、もしばれてしまったら強制解約となっていまいます。このため、一度利用停止になったら現金化は控えてください。

強制解約になるとどうなるのか

強制解約になると、残債を一括して支払う義務があります。
また、ブラックリストにもなりますので、しばらくの間はクレジットカードを作ることは難しくなるでしょう。
このようなリスクも高い為クレジットカード現金化は自分で行わず、信頼できるサイトを利用してください。