クレジットカード現金化とは何?初心者におすすめの業者を正しく選ぶポイント!

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化とは何か

Amazonギフト券買取サイトを全く使ったことが無い方からすれば、巷にある金券ショップのように不要なギフト券を換金してお得に処分することだと思われると思います。
確かにAmazonギフト券は友人や企業からの会員プレゼント等もらえる機会は多い為、不用品処分で利用される方もいますが、実は大半の方がクレジットカード現金化の為に活用されているのです。
それなのでこれからクレジットカード現金化をお考えの方や、何か良い金策方法を模索されている方の為に、クレジットカード現金化についてご説明させていただきます。

クレジットカード現金化の仕組みを把握しよう

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、金融庁では危険行為として認定されており、またクレジットカード会社では違反行為と規約に書かれている為、慎重に行わなければなりません。
その為、失敗をしないように事前に仕組みをきちんと把握する必要があります。
クレジットカード現金化の仕組みはカードのショッピング枠を活用して商品を購入し、業者に買い取ってもらう方法が主流です。

一般的に業者に依頼する

自分自身でもできますが、手間やリスクが掛かります。
その為、現金化業者を利用するのです。業者はネットですべて手続きができ簡単で、カード会社に発覚して利用停止になることも防げます。
また、貸金業では無い為無審査で、すぐに現金調達が可能です。ただし、受け取れる現金の金額は使用するショッピング枠の分をそのまま受け取れるわけでなく、換金率が90%だとすれば10万円使えば単純計算では9万円になり1万円分は業者の儲けになる仕組みです。手数料が10%掛かるものの、モアタイムシステムに対応していると夜間でも入金される可能性もあり、急な出費が必要な場合にも対処できます。
ただし、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングよりも金利が高くなり、なるべく換金率が高いところを選ばないと損をする羽目になり無意味です。クレジットカード現金化はそれなりに手数料がかかることを認識し、今後の生活に役立てるように目標を決めて利用する必要があります。

個人で現金化する方法について

クレカで高額で高換金率の商品をゲット

クレジットカード現金化業者に依頼すると手数料が発生しますので、いっそのこと自分自身でしてしまいたいと考えるものです。
しかしデメリットがあります。

手間や時間が掛かる

現金化するまでの流れはショッピング枠で商品を購入して金券ショップや買取ショップに売って換金する方法で、いわゆる転売になりますが実際には思った金額で売れなかったり、ネットオークションを使うと売れるまでに時間が掛かってしまします。

カード停止になる恐れもある

購入する商品は換金率が高いものにすると受け取れる金額が増えますが、カード会社では高額の商品を購入すると不正利用を疑うこともあります。
不正利用を疑う要因は利用履歴などで購買傾向を分析し、不自然な取引があればチェックして調査される場合があります。
クレジットカード現金化が発覚してしまうと利用停止になります。利用停止になった場合はリボ払いなどは認められないため、残債を一括して支払う義務があります。

カード現金化で使われる商品

しんどい

業者で現金化する場合でも個人でする場合でも、事前にどのような商品で現金化するのか把握する必要があります。

個人で現金化する場合

一般的に使われる商品は新幹線の回数券、商品券、金券、ゲーム機器、ブランド品があり、換金率が高くなるため多くの現金と交換できます。
中でも新幹線の回数券は金券ショップで換金率が95%と高いことで定番になりつつあり、そのままみどりの窓口に出向いて購入して売れば多くの現金と交換できます。
他にも通販サイトで安く商品を購入して高く売れる方法を知ると逆に利益を出せることもあり、ゲーム機器など需要に応じて価格が変動するものを選ぶと効果的です。ただし、このような商品を購入する時はカード会社が監視する傾向があり、このタイミングでバレることもあります。

業者に依頼する場合

クレジットカード現金化業者の多くはキャッシュバック方式を採用する傾向があり、販売するキャッシュバック付きの商品をクレジットカードのショッピング枠で購入すればその時点で現金を得ることができます。購入する商品はパワーストーン等価値のないものです。
クレジットカード現金化業者が決済代行会社を使って一定の手数料を支払いしている為、利用者が購入する商品によって換金率や現金化する金額が変わることはありません。
現金化業者によっては利用するカードブランドによって換金率が変動する料金設定にしているところもありますが、ほぼ一定となっています。
その為利用者が商品を気にする必要はなく、消費者金融等と同じで、借入したい金額と手数料に気を使えば良いので簡単に現金化ができます。
また、この手法はカード会社に怪しまれることがないため、いざという時に利用停止になるリスクを回避できることがメリットです。

クレジットカード現金化業者を使うとスピーディー

キャッシュバック方式の特徴はネットですべての手続が完了でき、他の方法と比べて入金時間を短縮できます。パソコンやスマートフォンで手続きができ、ネット銀行の口座があれば24時間、土日祝日でも現金が手に入るメリットがあります。

買取型の業者も存在する

クレジットカード現金化業者の中にはAmazonギフト券を購入させ換金するところもあります。
そうです。Amazonギフト券買取サイトでクレジットカード現金化している方が行っている方法と全く同じ方法です。それなのに手数料が発生しますし、振込時間も掛かってしまいます。
その為、その様な手続きの説明を受けた場合はキャンセルして、ご自分でAmazonギフト券買取サイトで売った方がお得です。

クレジットカード現金化業者の換金率について

換金率

換金率が低いと大きく損をする

クレジットカード現金化業者の提示する換金率が90%であれば10%は手数料として損をすることになります。現金との交換は等価であれば買い取る業者側に利益が出ないため、換金率との差額で確保するように設定していることが特徴です。
換金率は各業者によって変動し、90%のところもあれば70%の場合もあります。換金率が20%違うと10万円使うと2万円も変わってくるため、重要視する箇所です。

換金率表通りに入金されない

クレジットカード現金化サイトはAmazonギフト券買取サイトとは異なり、換金率は実際に公式サイト上に記載されていても必ずしも正しいとは言えません。
クレジットカード現金化業者は換金率を上げて利用を促進するように考える傾向があり、何も知らない状況では95%とあれば100万円利用すると受け取れる金額は95万円で5万円が手数料になると考えがちです。
しかし5%では経費を考えると業者の儲けにならないため絶対にあり得ない数値です。
換金率の表記の仕方は、最大値を表記してあったり、そこから決済手数料などが差し引かれる為入金金額が異なるのです。換金率が95%など高く表記されていますが、「最大」という言葉があれば65%など低くなっても法律違反にはなりません。この差額は消費税や決済などで発生する費用として手数料という名目になり、不透明な手数料です。換金率をこのように高く表記する要因は予備知識がない利用者を誘うための「釣り」であり、罠にハマってしまわないように85%程度が目安になると考えて良さそうです。

業者を使って失敗しない為に

その為自分で入金金額を計算せず、お店の担当スタッフに入金金額を確認してください。
クレジットカード現金化業者ではAmazonギフト券買取サイトとは異なり、お電話での料金説明が行われます。中には悪徳業者も存在し、利用規約などに手数料を記載して、換金率表とは違う金額を入金する業者も存在します。
その為、Amazonギフト券買取サイトとは違う点を認識して、メールのみのやり取りはしないことです。案内通りに手続きすると入金金額が違う結果となり、後でクレームを言っても変わらないため泣き寝入りをするしかなくなります。
それはカード現金化はカード会社が禁止している行為ですので、カード会社に相談ができないからです。その為自己責任ですることが大事です。安易に即決をせず各サイトを良く比較してご利用ください。
また、あまりにも違う金額で納得がいかない場合は、国民生活センターへご相談ください。

店舗型のクレジットカード現金化業者も存在する

あそこの裏にある

クレジットカード現金化はAmazonギフト券買取とは違い30年も前からある商売です。
人通りが多い通りの目立つ場所に「カードでお金。最大換金率95%」など看板があり、携帯電話の番号と店舗の場所が記載されているため、見た経験のある方もいらっしゃると思います。
この看板のお店は来店して店舗内でクレジットカード現金化を行うサービスで、インターネットが使えなくて困っている方でも利用できるようになっています。

店舗型の仕組み

ネットを使わずにその場、もしくは提携先のお店などで商品を購入するように言われ、購入した商品を現金化します。
最近は電化製品やAmazonギフト券を取扱商品としていますが、今でもJR緑の窓口で新幹線の回数券を購入されるお店もあります。新幹線の回数券は換金率こそ高いが、カード停止のリスクも高い為ご注意ください。
また、大阪のカード現金化ショップなどはスポーツ新聞広告などに換金率99%と高く表示されていますが、店舗を運営するために費用がかかるため、常識的にあり得ない数値です。もちろん誇大広告の為ご注意ください。

優良店を選ぶにはどのようにすれば良いのか

優良店を選ぶポイントは高い換金率よりも会社概要などで判断すると失敗を防げます。
会社概要は代表者の名前や住所、固定電話の番号などが抜けていれば怪しいと思って避け、他には利用者の口コミなどを参考にすると良さそうです。
ただし、口コミは数が少なくてメリットをやたらと強調しているとサクラの可能性がありますので、ネットで複数のサイトを検索して調べてから利用しないと落とし穴にハマることもあります。
当サイトでも業者の口コミがありますので是非ご参考ください。